スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の部屋、高くないですか・・・!?

家賃補助制度に気をつけて
komattaS.gif


部屋を借りるときは誰でも、家賃、築年数、立地条件等を目安に検討しますよね。多少の不満があっても自分が納得できる範囲ならば契約したら・・・ダメですよ。
物件選びに、注意しておきたいポイントをひとつお教えします。
それは、「家賃補助制度」というあま~い落とし穴です。

Aさんのケース。

Aさんは15年ほど前、お父さんが事業に失敗して、悲しいことに家が競売にかけられることになってしまいました。Aさんは慌てて住む場所を探す羽目になってしまったのです。
とりあえず飛び込んだ不動産屋で駅の近い物件を勧められました。明らかに古い物件なのに家賃や高めでした。しかし、ゆっくり探している暇のないAさんは、気に入らなければすぐに引っ越そう。そう思い急いでその物件に決めました。
結局、なんだかんだで7年も過ごすことになったのですが・・・。

部屋は予想以上に住みにくく、あちこちが古くて修理ばかり。しかし、日々の仕事に追われていたAさんは引っ越す暇もありませんでした。
しかし、自分の部屋が家賃の割りに、周りに比べてずいぶんと貧相な気がしたので、ある日、別の不動産屋を訪ねてみました。
そこで、驚愕の事実を知ることになるのです。

「今の部屋、割高でしょう?」
「新婚補助の対象物件なのに、一人で暮らしているのだからねぇ~」

「えっ!!何それ・・・。」
「どういうことですか??」

家賃補助制度は誰のため?

よくよく聞いてみれば、実は、その自治体では、新婚夫婦向けに家賃の補助制度を設けていて、月額2~3万円の補助を支給していたそうです。
それはそれで、いいのですが、前の不動産屋にしてやられたと思ったそうです・・・それも7年間も・・・。
そして、もっとひどいのはハナから補助額の分を上乗せして家賃を設定してる家主も多いとか。
どうりで、近所に若夫婦が多いはずだと思ったそうです。
Aさんがもう少し早くこの事実にきづけばよかったと思ったそうですが、後の祭りです。

一人暮らししている皆さん・・・自分の住んでいる物件が高くないかどうか良く調べておく必要があるかもしれませんね。
できれば、入居前にしっかりチェックしておきたいものです。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

タグ

  • seo
最新記事
JOB カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
JOB 仕事探し最新コメント
JOB 仕事探し 書籍
JOB 仕事探し タグ
JOB 仕事探し 関連ブログ
JOB 仕事探し 求人広告
記録の細道 JOB 仕事探し
就職・転職






 
仕事探しカテゴリ
仕事探し[キホン中の基本]
JOB リンク
仕事探し[転職活動のCHECK POINT]
仕事探し[求人広告のCHECK POINT]
求職者サイト情報
box広告
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。