スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職活動のチェックポイント【職務経歴書編】

職務経歴書編

職務経歴書を書くときのコツ

履歴書が学歴や職歴などを中心に、応募者の人物像に伝える書類であるのに対し、キャリアや自己啓発の内容により詳細を伝えることで、具体的な業務知識と、その能力をアピールするのが職務経歴書。
ライバルに差をつけるためのコツを教えよう。

PC!S.gif

【書き方のコツ】

●書式に決まりはないが、履歴書と一緒のA4サイズ1枚程度に簡潔に。

●手書きよりワープロが好まれるが、署名は手書きで。

●書き始めは研修も含める。導入研修の内容は、基礎が身についているかどうかが判断材料。

●受賞歴、実績もPR材料。社長賞をもらった、営業成績トップなど積極的にPR。
  実績は具体的に数字で示す。

●志望動機を書くための素材を用意しておく。転職のきっかけになった出来事や
  経験に結びつくことを書いておくと、面接で納得してもらいやすい。


職務経歴書の具体的書き方→[営業職編][技術職編]

職務経歴書の書き方

[営業職編]

営業職や販売職は、実績がはっきりと数字で表される分、材料は揃えやすい。人事担当者が知りたいのは、だれに、何を、どんな方法で販売していたかということ。このポイントははずさないようにまとめよう。また、マネジメント経験は、どんな職種にも共通しているので、経験者はあげておくとよい。

point> 営業職のアピール材料とチェック

□どんな商品を扱ってきたか?

□営業方法は?
 ※ルート営業、飛び込み営業、反響営業ほか

□営業(販売)実績は?
 ※金額、数量、相対的位置などは具体的に

□対象となる顧客は?
 ※一般ユーザー、専門店、小売店、代理店ほか

□担当のエリア、規模は?
 ※具体的地域、主だった顧客名、物件等

□マネジメントの経験は?
 ※主任、店長経験、部下の人数ほか


[技術職編]

技術者の場合、担当の業務がはっきりしているので、職務経歴書も書きやすい。しかし、文書で業務内容や担当業務を説明しようとすると、専門的で理解しづらくなるので整理が必要だ。分野別にしたり、表組にするなど工夫が求められる。

point> 技術職のアピール材料をチェック

□制憲してきた業務内容は?

□所有する資格は?

□担当する製品、プロジェクトなど

□申請した特許、実用新案などは?

□業務歴(移動歴)配属先など)は?

□開発に使用した機器、ソフトウェア、言語、OSなど

□購読する専門誌、専門書などは?

□役職経験と部下数は?





スポンサーサイト

テーマ : 就職活動応援
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

タグ

  • seo
最新記事
JOB カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
JOB 仕事探し最新コメント
JOB 仕事探し 書籍
JOB 仕事探し タグ
JOB 仕事探し 関連ブログ
JOB 仕事探し 求人広告
記録の細道 JOB 仕事探し
就職・転職






 
仕事探しカテゴリ
仕事探し[キホン中の基本]
JOB リンク
仕事探し[転職活動のCHECK POINT]
仕事探し[求人広告のCHECK POINT]
求職者サイト情報
box広告
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。