スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求人情報の基礎用語-雇用契約形態の違い

雇用形態

正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート等、様々な雇用形態があります。これを雇用形態と呼びます。企業(雇用者)と働く人(被雇用者)との間には雇用契約が成立します。これを、「使用従属関係」といい、働く人は使用者の指揮命令に従って仕事をする義務が生じますし、雇う側は約束どおりに賃金を支払う義務が生じます。

正社員・・・多くの場合、期間の定めのない労働契約を締結します。長期雇用を前提に、教育や人事異動などを通じてキャリアを形成します。

契約社員・・・半年、一年など、契約ごとに雇用期間、給与、仕事内容などについて、会社との間で取り決めて勤務する形態です。労働基準法では例外を除き、契約期間は3年を超えてはならないとされています。

アルバイト・パート・・・多くの場合、勤務時間が短く、契約期間が定められた臨時的、補助的な雇用形態を総称してこう呼びます。労働法律上ではアルバイトとパートの区別はなく「通常の労働者と比べ、1日または一週間の所定労働時間が短い労働者」を「短期労働者」と定義しています。
ちなみに「アルバイト」はドイツ語のarbeit(仕事)が語源とされています。


派遣社員・・・人材派遣会社に雇用され、派遣先の企業に派遣されて、派遣先の業務を行う労働者のことを言います。

一般労働者派遣事業(登録型)の場合は、派遣会社に登録し、あなたが望む条件と派遣先の求める条件がマッチし、双方の合意が決定した上で働くシステムです。実際に仕事をしている期間だけ雇用契約が締結されます。契約が満了すれば、派遣会社との雇用関係は終了します。一般労働派遣事業は厚生労働大臣の許可は必要となってきます。

特定労働者派遣事業(常用型)の場合は、通常の雇用関係(正社員や契約社員等)と同様に、常に雇用関係が成立している形態です。特定労働者派遣事業は厚生労働省の届出が必要です。
一般労働者派遣事業のひとつに、※紹介予定派遣というものがあります。コレは一定期間派遣先で勤務し、派遣期間終了後、派遣先との同意が得られてから派遣先に紹介することを前提として働く形態です。
※紹介予定派遣の場合は、労働者の申し出・同意が必要となります。また、派遣期間は最長でも6ヶ月とされています。

有料職業紹介・・・厚生労働省の許可を受けた有料職業紹介事業者に登録しておき、実際に働く企業を紹介してもらう形態。有料職業紹介事業者は求人企業と求職者との間における雇用関係の成立を斡旋するだけで、雇用契約は紹介先企業と結びます。


業務委託契約

あなたを一事業主とみなしての契約となります。誰かに雇われるのでなく、相手方から独立して業務を行い、報酬を得る形態です。したがって一般的な労働基準法や最低賃金法などの法律の保護は受けられません。税金も個人で支払わなければなりません。自分ですべての責任を持つこととなりますので、報酬計算や、契約規定などをよく確認して、業務委託契約書を交わしましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 就職活動応援
ジャンル : 就職・お仕事

FC2カウンター

タグ

  • seo
最新記事
JOB カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
JOB 仕事探し最新コメント
JOB 仕事探し 書籍
JOB 仕事探し タグ
JOB 仕事探し 関連ブログ
JOB 仕事探し 求人広告
記録の細道 JOB 仕事探し
就職・転職






 
仕事探しカテゴリ
仕事探し[キホン中の基本]
JOB リンク
仕事探し[転職活動のCHECK POINT]
仕事探し[求人広告のCHECK POINT]
求職者サイト情報
box広告
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。